[地形生成]セルオートマトンを使う

ランダムダンジョン生成のおまけとしてセルオートマトンについてもちょっと触れておきます。
セルオートマトンを使うと一マス通路をいい具合に拡張できたりしていろいろ夢が広がりますね~。

例によって参考にしたのは、このサイトさん。
ttp://www40.atwiki.jp/spellbound/pages/384.html

手順はこんな感じ。とりあえず今回は床(チップA)と天井(チップB)の二元配置図をつくってみることにします。

マップの全マスを、チップAとチップBのどちらかでランダムに書き換える。

一マスずつすべてのマスを走査して、チップBの周囲8方向にチップAが4マス(ここらへんは適当)以上あるときは、そのマスをチップAに書き換える。

床と天井の配置がいい具合になるまで手順を繰り返す。

というように、手順もクソもないくらいに簡単です。
風化で岸壁が削れていく感じを、プログラム上で再現したような感じなのかなぁ。
行数は増えますが、かなりリアルな地形を簡単につくることができるのでとっても便利です。
ただし、セルオートマトンだけではすべての部屋がつながったダンジョンをつくることは不可能なので、他のアルゴリズムと組み合わせて地形の形を整えるのに使ってみるとちょうどいいような気がします。

ScreenShot_2014_0709_20_28_49.png
『ローグの崖と巨大迷宮』より完成例。簡単なアルゴリズムながら、わりとそれっぽい水路を作ることができました。

ScreenShot_2014_1006_07_57_40.png
そして『ワールドフロンティア』より進化形。この地形は(ほとんどすべて)セルオートマトンによって自動生成されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは凄すぎる・・・
アクションRPG制作を目指していますがすごく参考になります

Re: タイトルなし

> これは凄すぎる・・・
> アクションRPG制作を目指していますがすごく参考になります

ありがとうございます!
ARPGでマップ自動生成というと、やっぱり悠遠物語の印象が強いですね~。
最近だと新入り魔王なんかもそんなことをやってましたね。
ちなみに、この地形生成と似たアルゴリズムを使用している「ダンジョン・地形生成コモン」も公式コモンイベント集にアップしているので、興味があったらどうぞ(ウディタを使っている方じゃなかったらすいません)。
では、ゲーム製作がんばってください!
Twitter
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR